お知らせ

2018年05月04日

伊万里 松尾勝馬牧場に研修に行ってまいりました。

先日、スタッフ全員で最高級の伊萬里牛を産する松尾勝馬牧場さんに研修に行ってまいりました。
牛舎内は常にクラシック音楽が流れており、牛もリラックスされた雰囲気でした。
生後270日~280日の牛から出荷前の21ヶ月飼育された牛を分けて育て、大切に管理されていました。

松尾社長のお話はいかに伊萬里牛に情熱を注がれているかが分かる内容で、
・全国から牛を毎月仕入れるに当たり血統は勿論、母牛の産歴や仔牛自体の状態を見極め、一頭一頭その牛に合った資料を配合して食べさせること。(松尾勝馬牧場は2,000頭所有され、一頭平均で10kg食べるとの事)
・牛舎の下に敷いてあるオガクズも定期的に変える事。(肉にアンモニア臭や臭みが入るため)
・四季で見ると冬の寒さは比較的大丈夫だが、猛暑の夏は熱が体外に出ないため亡くなるケースもあるので細霧システムで天井から霧を出して温度を下げている。
・夏は虫も多いため、虻と蚊が牛にとって白血病のウイルスを運ぶため対処が大変との事。

また、レストランにて肉のさしの入り方、焼き方(旨味を閉じ込めて焼く方法)、切り方などを教えて頂きました。

近日松尾勝馬牧場のモモ肉が入荷予定でございますので、是非ご来店いただき、お召し上がりいただけたらと思います。